安藤もえみによるCHILDSYSTEM(チルドシステム)は稼げるのか?検証をしてみました。

その他
安藤もえみ

今回は、安藤もえみによるCHILDSYSTEM(チルドシステム)について検証をしてみました。

のっけから「毎日3万円が今から稼げます」という宣伝文句というのは、いかにも怪しいと感じました。毎日、3万円というのは月額にすると約100万円です。なぜか、情報商材というのは月収100万円という数字が好きなようです。そのあたりを意識的に見てみるといいのではないでしょうか。

そもそも、この商材には特定商法に基づく表記が掲載されておりませんでした。

相手の顔が見えないネットでの売買だからこそ、販売者の情報は丁寧に開示するべきではないでしょうか。教えられないというのは、何かあったときにすぐに逃げられるようにしているのではないかと疑ってしまいます。このあたりもチェックするようにしていきましょう。

そもそも、このCHILDSYSTEM(チルドシステム)を提供している安藤もえみという人物はどのような人なのでしょうか。何かを教わるとき、普通の人でしたら講師のプロフィールを見ますよね。本を読むときもどんな人が書いたのか気になりますよね。それと同じです。

それで調べてみたところ、安藤もえみという人物に関する情報は見つかりませんでした。「578名もの人たちに毎日3万円を稼げるツールを提供している」にも関わらずですよ?総額でいえば、1700万円を越えます。これだけの実績があるのでしたら、何かしらの情報は見つかってもいいはずです。架空の人物なのかなと疑ってしまいます。

ただし、安藤もえみという人物に対する評判はたくさん見つかりました。どれもあまり良くない評判でしたので、少し驚きました。総額で1700万円以上も稼がせているという実績があるのにどうしてここまで否定されてしまうのかと感じてしまいます。

こういった「最初の登録は無料」というのは、多くの場合、高額な商品を購入させるためのバックエンドが用意されている可能性が非常に高いものです。実際に口コミでも、「登録をしたら高額商品を購入させられてしまった」というものも見つけました。

また、登録をすると「楽に稼ぐことに興味がある人」としてデータを相手に取られてしまいます。仲間内で共有したり、そのリストを販売したり、活用方法はたくさんあります。なので、安易に登録をしないようにしましょう。

ここまで安藤もえみによるCHILDSYSTEM(チルドシステム)について見てきましたが、登録をオススメできないということは伝わったかと思います。

そもそも、宣伝の写真にある「点滅しているボタンを押すだけで3万円が稼げる」なんて信じてはいけません。どうしてもネットの情報には「自分には知らない何か特別な方法がある」と思い込んでしまう力がありますが、ネットといえど現実の平行線です。

例えば、職場の同僚が「スマホの画面を押すだけでお金が稼げるんだけど一緒にやらない?」と言ってきたらどうでしょうか?かなり怪しいと感じるはずですよね。少し距離を置くと思います。

それとネットも同じです。今回の商材に対して冷静に見ていくと、「特定商法に基づく表記がない」「どのような人物かが分からない」「悪い評判が目立つ」ということが分かるかと思います。

現実の世界でこのようなお店や人物から物を購入しようと思う人はあまりいないはずです。現実と同じ視点で物事を考えれば、安易に登録をしないほうがいいと判断ができます。