FXというマネーゲームとリスクへの考察

その他

賢い資産運用をしたい、そのように思う人たちにとってFXは魅力的な投資になります。わずかな金額から始めることができ、大儲けすることも可能だからです。とはいえFXはギャンブルと言われるように、大損して借金を背負うということにもなりかねないリスクをはらんでいます。要はどのように運用するかがポイントであり、慎重に投資していけば、資産を増やす有効な方法になるし、後先を考えずにやれば資産を使い果たしてしまうことにもなるのです。

為替通貨の売買で利益を得るFXは、ドルや円、円とユーロなど、主要通貨での取引が多いのですが、為替相場をにらみ、予想するのは簡単ではありません。チャートを見ても予想もしない値動きをしたり、どうして、と思うような為替相場になることがあります。主要国の経済政策や力のある人の金融政策への発言が為替に大きな影響を与えることもあり、政治情勢の動きにより変動幅が大きくなることは珍しくありません。イギリスがEU離脱という予想外のサプライズがあった時には、恐ろしいほどの円高が数時間のうちに起きたのは記憶に新しいところです。それでFXで儲けが出せるのか出せないのか、それはやってみないとわからず、運用の仕方が難しいのです。

もうひとつ考えたいのはメンタル面での影響です。負け続け資産が減り続ける状況が生じたときに、そこで冷静になれるかどうかです。一気に取り戻したいという気持ちになり、その焦りが取り返しのつかないほどの大負けを生む可能性があります。感情まかせの取引では、勝つことはとても難しく、大きな失敗というものを刈り取ることになりかねません。

FXはインターネット上でのマネーエクスチェンジであり、マネーゲームでもあります。FXの大きな特徴としてレバレッジがあり、日本では最大25倍までこれを効かせることができ、マネーゲームができるということです。少ないお金で大きな取引ができるので、ハイリターンを期待できる、これが罠になりやすいのです。これで儲けが出たときには、笑いが止まらないかもしれませんが、ハイリスクであることも事実であり、大損、借金を背負うこともあっという間なのです。ハイレバレッジのリスクは大きく、本当にギャンブルです。ギャンブルというのは、一般的に損をすることが多いのではないでしょうか。FXにはメリットデメリットがあり、儲ける人と損をする人がいます。リスクがあまりに大き過ぎると感じるのであれば、手を出さない方が賢い選択になるかもしれません。