FXで儲かるのは一部の専門家

その他

FXは儲かるというネット情報に飛びつく人が多いのは、自宅でPCを使ってトレードができるからです。しかも主婦や高齢者もPCさえあれば自宅で副業感覚でできる、という謝ったFX感が広まっているからです。
確かにFXはPCさえあれば自宅で作業ができます。ただし、実際に儲けを出すとなればチャート分析などを真剣にやる必要があり、時間を惜しんで勉強する必要があるのです。ネット情報で多いのが、1ドル100円の時に買って105になった時に売れば差額の5円が儲けになるという単純なものばかり。
このような情報を鵜呑みにした初心者は、PCの前に座ってチャートの動きを見ながら売買するだけという感覚でFXを始めてしまいます。確かに何も考えずに単純計算で売買して儲かることもあります。しかし続けているとわかるのですが、必ず儲けの全てが吹っ飛んでしまうほど負けてしまいます。
1度儲けた体験があるので、すぐに撤退はできません。今度こそ負けを取り返してやるという思いが強くなり、さらにFXにのめり込んでいくのです。これは競馬や競輪といったギャンブルと同じ精神構造です。最初の成功体験が忘れられず、買ったり負けたりを繰り返し、トータルでは大きく負け込んでしまいます。初心者はこのようなやり方で大損するのです。ネットのFX情報を信じてギャンプル的にやるのではなく、FXについての勉強が必要だという点を肝に銘じてください。
FXとはギャンブルではなく投資です。投資には勉強・研究・市場分析などが必要で、しかも市場は毎日動いています。コロナが発生すれば、世界の経済は激しく流動します。アメリカ大統領のひと言が世界経済を動かします。投資をする人は毎日、寝る間も惜しんで情報を収集し、それを分析し、投資につなげいく努力をしているのです。FXをやろうと思ったら、毎日このような努力が必要で、家事をしながら片手間にやって儲けようという甘い考えは通用しません。
特に注意が必要なのは、FX業者の甘い誘いです。多くのFX業者では、初心者を勧誘するために手持ち資金なしでお試しにFX投資ができるというキャンペーンを行っています。無料だからとやってしまうと、ギャンブル的な面白さにのめり込んで抜けられなくなります。
FX商材が危険なのは、簡単に儲かるという謝った情報です。多くのFX商材はその点を素人・初心者にアピールして取り込もうとします。言い尽くされた言葉ですが、簡単に金儲けができるなら世の中は金持ちだらけになっている、という真理をもう一度思い出してください。