FXは一気に資金を溶かす可能性のあるリスクの高い投資方法

その他

FXは、通貨間の為替差益から利益を出す投資方法です。
その特徴は、レバレッジをかけて実際の資金よりも大きなトレードが可能な点にあります。
国内のFX業者は、最大25倍のレバレッジが可能であり、25倍固定の業者が多いです。
FXは少ない資金で大きな取引ができることがメリットと言われます。
しかし逆の面から言えば、これはデメリットにもなります。
確かに利益を出した場合は、レバレッジがかかっている分、プラス幅が大きくなります。
一方、損失を出した場合も同じであり、大きく損失が膨らむ可能性があります。
レバレッジはプラス面が強調されますが、実は大きな危険性をはらんでいる取引方法です。
価格が常に変動している為替相場では、その流れを把握して利益を出すことが難しく、さらにレバレッジによって損失が拡大するからです。
為替相場は価格の上昇と下落を交互に繰り返すパターンが多く、これは「レンジ相場」と呼ばれます。
レンジ相場では、上昇していた相場はすぐに下落し、下落していた相場はすぐに上昇するなど、不安定な値動きをします。
テクニカル分析を使って値動きの未来予測をしますが、一つの分析ツールだけでは正確な判断ができず、いくつかの指標を使いこなす必要があります。
しかし分析指標の適切な使い方は難しく、FX取引に慣れたプロでも使いこなすことは容易ではありません。
どれほど優れたトレーダーでも、複数回トレードする中で、必ず何度かは損失を出します。
また、たとえ順調に利益を重ねていても、一度の取引で大きな損失を出すと、今まで出していた利益を全て失う可能性があります。
為替相場は、時として予測不能な形で大きな暴落起こすこともリスク要因です。
このような不能の事態が発生した場合は、急な対処に戸惑うことも多いです。
一気に証拠金が失われ、強制ロスカットで損失が確定してしまう恐れがあります。
FX 業者はトレーダーの資金を守るため、損失が発生して一定の割合に達した場合に、強制ロスカットを行う仕組みを導入しています。
損失の確定を避けたい場合は、ポジションを減らすか、証拠金の額を増やすかして、強制ロスカットにならないようにする必要があります。
当面の強制ロスカットは防げるものの、相場は逆転するとは限らず、さらに損失が増えていく可能性があります。
こうなれば悪循環であり、どんどん資産を減らしていくことになります。
以上の理由から、FXでは資金を守るためのリスク管理が重要です。
ロスカットについても、自分で基準を作り、適切なところで損失を確定する必要があります。
しかし「損失を早く挽回したい」という思いが強くなるのがFXの特徴であり、自分が作ったルールを守れなくなってしまう人は多いです。
このようにFX取引には様々なリスクがあり、投資方法としてはかなり難易度の高い部類になります。
したがって、FXは一般的な人が行う投資としてはオススメしません。