偏差値38でも出来るスマホビジネス 横山直弘 検証レビュー

無料オファー
横山直弘

過去に販売されていた「偏差値38でも出来るスマホビジネス」という情報商材について検証をしていきます。

商材について

セールスレターには偏差値38の大学出身でも年収1000万円を目指せるというフレーズが記載されていました。

しかし、こういったものは読者の興味を引くためのものでしかありませんので、注意しましょう。

どのような人たちが販売していたのかを調べてみたところ3人ほど講師がいたようですね。

メイン講師 横山直弘

1979年静岡県梅れ、千大学大学院卒業。大手ITコンサルティング会社を経て独立し、
株式会社Catch The Webを起こし月商5千万円を達成させます。現在はファウンダーとしてコンサル系のみ携わっています。

2人目 松井宏晃

Catch The Web代表。
1985年静岡県生まれ。千葉大学卒業。
主にナビゲーターを務めています。

3人目 田中慎一

熊本県出身
「偏差値38」という商材のキャッチコピーに該当している人物のようです。
webコンサルティング業務を経験した後、Catch the webに入社という経歴のようです。

Catch the webについては、住所は藤沢市湘南台のマンションのようでした。

おそらく、セミナーの集合写真かなにかを利用しているだけと思われます。

横山直弘氏は過去にもやSEO関連の商材やアフィリエイト関連の商材を販売していたことがあり、詐欺という評判があるものもなかにはありました。

「常夏塾」という商材が特に色々問題があったようでした。

大量にブログ・サイトを作成してSEO対策をしていくというものだったようですが、作業の割には報酬がないということが問題となったそうです。
報酬の何割かは塾へ渡す契約となっていて、塾を辞めるときにはブログを没収されてしまうようです。

今回の内容については、グーグルがモバイル検索エンジンのアルゴリズムを変更したことに合わせてスマホ対応のブログを作成していこうというものでした。

ちなみに、スマホ対応をしていることを「モバイルフレンドリー」と呼ばれています。
スマホ対応というのは、スマホでのサイトを閲覧するときにスムーズにできるように構成されているということです。

具体的には、スマホの画面にテキストの文字などが適しているかどうかがポイントになります。

スマホの普及率は上がっており、スマホからサイトを閲覧する人も増えてきています。

そういった人たちをターゲットにしてく以上は、モバイルフレンドリーについて真剣に取り組んでいかなければなりません。

このセールスレターの動画でもこのことについて触れていたようで、そのための手法を教授しますということを主張していたようでした。

この商材の本当の目的は、コンサルティングを販売するところにあると思われます。
最初は無料というところに、課金ポイントがありそうですね。

スマホに対応したサイトを作ることで集客を図るという横山氏が主張は間違いではありません。
しかし、モバイルフレンドリーに関する方法はネットで探せばたくさん出てきます。

まずは、自分で調べてみることが大切ではないでしょうか。