HR Research 渡辺竜也 検証レビュー

トレンドせどりという言葉をご存知でしょうか?

流行りの商品を見つけて、価格が高騰しているときを狙って出品するという方法です。

上手くいけば利益になりますが、素早い行動が求められます。

なので、副業で取り組んでいる人にとっては難しい方法となってしまいます。

今回はトレンドせどりの教材「HR Research」について検証していきます。

【特定商取引法に基づく表記】

販売者名 渡辺 竜也
住所 福井県福井市下天下町10-39-1
電話番号 050-5307-6775
メールアドレス support@sedori-info.com
販売URL http://rtl-sol-diary.xyz/lp/hr-research-2/
販売価格 9,800円 (税込)

商材内容について

今回の商材内容は冒頭での紹介の通り、トレンドせどりについてのノウハウのようです。

以下は、セールスレターからの抜粋です。

誰にも気づかれず密かにトレンド化している商品

「ステルストレンド」

を狙うことで、

ライバルが気づかないうちに

こっそりと仕入れ、売り抜いて、利益を狙う

ことができる驚きのノウハウなのです。

出典元

http://rtl-sol-diary.xyz/lp/hr-research-2/

セールスレターを読んだ結果、今回の案内は

トレンドせどりは安易に勧められない

ライバルに気づかれないといってもグループで情報共有している

根拠が不透明な価格設定である

という点で購入する必要は特にありません

それぞれについて解説をしていきます。

トレンドせどりは安易に勧められない

トレンドせどりというのは、映画化やアニメ化で話題になることで商品の価格があがったときを狙って販売をする手法です。

アマゾンで販売価格が高騰してもブックオフでの販売価格は平常時と同じです。

ここで価格差が生じるので安く仕入れができることが特徴です。
また、普段なら仕入れの対象とならない商品もアマゾンでの販売価格が高騰することで仕入れ対象となることがあります。

しかし、トレンドせどりというのはアマゾンでの販売価格が分かりやすく高騰するため実践する人(ライバル)が多くなることも特徴です。

すると、当然出品者が増えてしまい自然と価格競争となってしまい、値下がり合戦が始まります。

誰かが100円値下げすると他の誰かが100円値下げをする、そんな状況が続いていきます。

結果的には仕入れたときには利益が出る計算だったけど、最終的には赤字になってしまったということも多々あります。

そういった状況に対応するためには、トレンドせどりというのは初動の速さがモノをいいます。

いかにはやく仕入れて早く出品するかがカギとなるのです。
ネット仕入の場合だと話題が出た瞬間に、アマゾンで価格が上がるかわからないけど、仕入れておくという判断さえも必要となります。そうでないとみんな根こそぎ持っていかれます。

出品に関してもFBA納品を使わず自己発送で出品をしてしまったほうが良いときがあります。
それくらいトレンドに乗って出品をするというのはスピード勝負になるのです。

なので、副業で取り組んでいる人は、専業で取り組んでいる人と比べると初動がどうしても遅くなってしまい不利になってしまうのです。

解決策としては、トレンドせどりにこだわらないということです。
所詮、値段が高騰するのは一時的なことです。
すぐに相場の価格に戻ります。
なので、該当する商品が見つかればラッキーくらいの感覚でまったく問題ありません。
日々のリサーチを続けていれば、何もトレンドでなくとも利益の出る商品は見つかります。

トレンドせどりにこだわってしまうことが結果的には自分を追い詰めてしまいます

ライバルに気づかれないといってもグループで情報共有している

上記で説明した通り、トレンドせどりというのはスピード勝負です。

ですが、そもそもそういった商品には乗らずに密かに隠れたトレンド商品を見つけるという方法があります。

この商材でも推奨していますよね。
確かにこの方法ができるのであれば、周りに気づかれることもなく利益を出すことができます。
副業で取り組んでいる人もスピード勝負にならなくて済みますので、取り組みやすいと思います。
また、自身の情報検索能力の向上にもつながります。
この情報元から仕入れた商品は利益が出るという記録を作っていくことは大切です。

ですが、これはあくまでも自分だけが知っているという状況だからこそ意味があるのです。
自分だけとは言わずとも知っている人は少人数であるべきなのです。

「隠れたトレンド商品が知りたい」と考えて、この商材を購入した人は一体何人くらいいるのでしょうか。
自分より先に購入した人もいるでしょうし、自分より後に購入する人もいます。

つまり、ライバルが増えることはあっても減ることはこの先決してないのです。
せどりというのは基本的には1人で取り組むことなので、意外と見落としがちなのですが、ライバルというのは大勢います。
アマゾンでの商品ページにFBAでの出品者が5人もいれば自分の優位性はなくなります。

情報というのは公になった瞬間に価値がなくなってしまいます。
今までは隠れたトレンド商品だったとしても、それはもう隠れたものではないのです。
みんなが知っていることなのです。

そう考えると、何も高いお金を出して商材を購入してトレンド情報を掴む必要性はありません。
普通にリサーチを積み重ねていればそれでよいのです。それで十分な利益を出すことは可能です。
トレンド商品はおまけ程度で考えるべきであり、主軸の方法にするべきではありません。

トレンド商品は見つかったらラッキーというただそれだけなのです。

根拠が不透明な価格設定である

こういった商材にありがちなのですが、価格設定の仕方がテキトーすぎるのです。

以下はセールスレターからの引用です。

ですので、価値相応の価格となりますと、

10万円以上頂いても高くはないと思っています。

今後、長期的にステルストレンドをあぶり出し、

ライバルが知らない場所で稼ぐ武器

が手に入るわけですからね。

10万円の価値があると言っています。

1つの商材でここまでの価格設定ができるのはかなり強気です。

ですが、このあとに値段が急に変わります。

きちんとお仕事をされていたり、

せどりに取り組まれているのであれば、

捻出できるであろうライン

9,800円(税込)

にてご提供させて頂きます。

10万円だった商品が10分の1の価格になってしまいました。

これをラッキーとは思えないですよね。

本当に自信があるのであれば、最初に設定した価格で販売すればいいのです。

長期的に稼げるようになるならば問題ないはずです。

それをなぜ、10分の1の価格である9800円で販売するのでしょうか。

なぜ、値下げしたことをわざわざ言うのでしょうか。

別に購入者側はその情報はいらないはずです。

最初から9800円で売れば良いのです。

最初に高い値段を見せておいて後から本当に売りたい価格を出して安くなったように感じさせるのは単純な心理トリックです。

販売者が売りたい価格は9800円なのです。

9800円だったのものを10万円で売っていたら、転売屋の鏡だったのですが。

また、販売者がこういったノウハウを販売するのはそれがもう稼げない手法だからです。

なぜわざわざライバルが知らない市場を手放すのでしょうか。

自分でひっそりと実践して利益を上げていればいいと思いませんか。

ライバルが誰もいないとされているその市場にはもはやライバルがたくさんいるのです。

自分は思うように稼げなくなってしまったから手放してしまおうと考えてノウハウを作成したのです。

トレンドせどりという概念は学んだとしても、この商材で誰もライバルがいない市場を見つけるというのはもう不可能なのです。

最後に

復習になりますが、今回の商材は、

トレンドせどりは安易に勧められない

ライバルに気づかれないといってもグループで情報共有している

根拠が不透明な価格設定である

という点で購入する必要は特にありません

トレンドせどりに頼るのではなく、地道にリサーチを積み重ねることが大切です。

リサーチをしていれば偶然トレンド商品に巡り合うこともあると思います。

そのくらいの感覚でいればいいのです。

あとはセールスレターで紹介されている商品について調べてみました。

内容とは関係ないのですが、興味のある人は読み進めてみて下さい。

セールスレターに掲載されていた以下の商品ですが、本当に利益が出るのでしょうか?

https://mnrate.com/item/aid/B00EH99QFK

モノレートの相場を見るとこの時に価格は1600円くらいで普段よりは価格は高騰していますが、仮にブックオフで1冊100円で購入したとしても1600円です。

手数料を引かれてしまったら、思いっきり赤字です。

FBAで出品している商品は高く売れるといいますが、「FBA非常によい」で出品していても売れていたのは販売価格が2500円程度でした。

利益シミュレーターで計算するまでもなく、赤字です。

つまり、普段より相場が上がっている商品を見つけられたとしても利益が出る価格で仕入れができるかは別の問題だったというわけです。

仮にですが、16冊すべてを0円で仕入れて2500円で販売をしたとしても手数料を引くと利益は1500円程度です。

ちょっとは利益になると感じますが、16冊のセット本をダンボールにつめて郵送するとなるとそのくらいの費用はかかると思いませんか。

つまり、セット本というのはよほど利益が取れる商品でないと郵送料で赤字になってしまう場合が多いので注意が必要なのです。

ネットビジネスというのは、「新しいことを始めたい」という純粋な気持ち持っている人ほど詐欺案件に捕まってしまいます。

“今の給料では将来が不安だ”

“副業をやりたいけどどれも怪しく見える”

“在宅でできる仕事を探している”

“自分で稼ぐ力を身につけたいけど、何をすればいいのかわからない”

こんな悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。

私自身も数多くの情報商材に騙されながらも今では本業と副業を両立して充実した日々を過ごしています。

まずはあなたのお悩みを私のLINEに気軽にお問い合わせください。

(ここでは紹介できない初心者向けの副業のご紹介をさせていただくことも可能です)

LINEはこちら↓から追加できます。

友だち追加

>激レア案件の紹介について

激レア案件の紹介について

今の時代、自分で稼ぐ力を身につける必要があります。自分で稼ぐ力というのは自由に生きるための必須スキルです。難しくありません。必要なのはほんの少しのチャンレンジ精神です。あなたの人生が今より豊かになる手助けをさせていただきます。一緒に自由な人生をデザインしていきませんか?

CTR IMG