不動産投資に関するデメリット「リスク」編

不動産投資は、自分の生活や人生を豊かにするものと思っている人もいると思います。確かに不動産投資には、税金面や価値などの面からのメリットがたくさんあります。しかし、メリットがあるということはその裏側にはデメリットがあります。不動産投資に関連するデメリットは、主に5つあると言われています。当然のことながら空き室がある場合は不動産に関する運営はもちろんのこと、投資を続けることすら難しい状況になります。デメリットとして最初に上がるのは、空き室に関するリスクがあるということです。これは不動産投資をしていなくても直面しなければならない事実なんですが、貸室業は、空き室に関するリスクを常に認識していなければなりません。不動産を仲介してくれる業者に部屋に関する情報を出していても、部屋を借りてくれる人がいなかったり、春に多いのですが、結婚や転勤など様々なライフイベントの変化により退去せざるを得ない人がいるなど、1年中空き室に関するリスクは付き物になります。新たな入居者獲得に必要な最低限の事項として、マンションの魅力はもちろん、どれだけの魅力があってニーズがあるのかをない件の際にしっかり伝える必要があります。それは仲介業者に掲示している情報だけでは分かりにくい部分があるからです。仮に頑張って空き室を回避できたとしても今度は入居者の家賃滞納など細かなことに気を配っていなければなりません。
次に、建物の老朽化に関してです。建物は新築で建ったその日から老朽化が始まっていると言われています。表から見ていて住んでみたいと憧れを抱いたマンションでも実際には水漏れなどが起こっているなど設備が古くなっていくのです。まだ新築してから数年しか経っていないからとメンテナンスを放置しておくことは良くありません。さらに20年以上が経過し老朽化が進んだ物件の場合は、入居者が見つかりにくいなどのリスクがあります。少しでも以上を感じたら新しい、古いは関係なく修繕を依頼するのが望ましいです。トイレや給湯器など日頃から使っているものの取り替えや外壁がそれに当たります。他にも、定期的に施工業者の点検が入ります。不安に感じることがあれば施工業者に相談してみるといいでしょう。連携している修繕会社などを紹介してもらえるので自分で修繕工事の業者を探す必要がないので安心です。こうした努力が空き室のリスクを回避し、退去者を減らさないことに繋がります。