あなたは別に副業をしなくてもいい

はじめに

最近では副業に興味を持つ人が増えています。

副業解禁、2000万円問題、人生100年、などいかにも情報商材を売っている人たちが好きそうなネタです。

ですが、身近に迫っている得体の知れない恐怖感があるのもまた事実です。

このご時世、副業に取り組むことが正しいことなのでしょうか。

副業をするとどんなことになるのか

おそらく副業を始めたいと考えている人の多くは、今より収入を増やしたいというよりも、お金を稼ぐ手段が会社からの給料しかないことに不安を感じている人が多いのではないでしょうか。

高価な時計が欲しいとか億ションに住みたいという欲よりも、もう少し会社以外でお金を稼ぎたいな程度のものだと思います。

会社以外の収入があれば、嫌な上司に必要以上にヘコヘコしなくてもいいので、精神的にも楽になると思います。

しかし、困ったことに副業に時間を割こうとすると本業に必ず差し支えます。

当たり前ですが、人間の時間とエネルギーは有限です。

本業が終わったあとに副業に力を入れようと思うと、それなりに時間とエネルギーを残しておかなければなりません。

そうなると

本業で可能な限り手を抜く

残業はしない

飲み会には参加しない

といったことが必要になります。

こんなことをしていては、職場での評価は下がる一方でしょう。

「そんなことを気にする必要はない」

と言う人もいるかもしれませんが、大抵の人は気まずい思いをするはずです。

多くの企業で社員に対する評価のポイントは

「どれだけ長く働いたか」「ちゃんと飲み会に参加しているか」

といったところではないでしょうか。

要するに、ちゃんと周りを足並みをそろえているかどうかです。

上司からしたら、残業はしない飲み会にも参加しない部下というのは異質に感じてしまいます。

「サラリーマンの給料なんてどれだけ頑張っても上がらないから上司の評価なんて意味がない」

という意見もあると思います。

しかし、会社員としての生活というのは何も給料だけではありません。

人間というのは周りからの評判をどうしても気にしてしまう生き物です。

上司など偉い人にゴマをすっているとそのうち

「お前は大したやつだな!」

と褒められます。運がよければ出世します。

そうすると周りから認めてもらますし、同期達との飲み会でも一目置かれます。

結局、自分の身近な人から承認されていれば、人間というのはそれなりに満足してしまうものです。

会社員生活で関わるのは、どうしても会社の人がメインになってしまいます。

なので、会社の人たちに「すごい人」だと思われていれば、承認欲求は満たされるので、まあまあ充実した日々を送ることができます。

偽物の褒章だと気がつかずに満足する人はするものです。

副業をやったほうが良い人の特徴とは

それでは、副業をやったほうが良い人というのはどういった人なのでしょうか。

それは、出世をする気がなく、どんなに仕事をサボってもクビにならない会社に勤めている人です。

会社で頑張るインセンティブがない以上は、仕事はそこそこにこなして副業に勤しむほうが自分の為になります。

ただ、副業で頑張る人を認めてしまうと会社としても困るので、残業をしないといけない雰囲気などの同調圧力や副業規定などで縛ろうとしてきます。

コンプライアンスが厳しくはなってきましたが、会社としてはできるだけ雇ったからにはできるだけ長時間働いてほしいと内心思っています。

なので、一番良いのは帰りにくいという「空気」を作ることです。

出世できそうにもないけれどクビにもならない人は、この空気に負けずに帰ってしまったほうが良いのです。

副業には何を選ぶといいのか

何を副業にするのか、という問題もあると思いますが、これについてはなるべく本業に近いものを選択するのが良いと思います。

本業で経理の仕事をやっていて副業に転売を選ぶというのは、あまり相性が良くありません。

相互の関連性がまったくないというのは、ただでさえ時間が限られているのにもったいないことです。

せいぜいお金の計算ができるといったところでしょう。

それならば、簿記の要点など経理的な視点をブログにまとめたほうがよいです。

本業での経験を活かせますし、副業で行うことでさらに専門性を高めることができます。

本業との掛け算を意識した副業を選ぶといいと思います。

ただ、お金を目的に副業を始めてしまうと「残業してたほうがマシ」ということになる可能性があります。

以前の記事で、1ヶ月に副業で取り組む時間を92時間程度と計算をしたことがあります。

そうなると、仮に自分の時給が1000円だったとしたら1ヶ月で92000円となります。

副業で稼ぐお金がこれより低かったら、残業をしていたほうがよいのです。

社内で変な評判も作らなくて済むでしょうし、何より確実に稼ぐことができます。

【まとめ】結局副業はやったほうがいいのか

たとえ利益がなかったとしても何かしらの副業はやってもいいんじゃないかと私は思います。

オーストラリアで緩和ケアに携わっているナースの方によると、人が死ぬ間際に語る後悔は同じような内容が多いそうです。

その内容には「あんなに一生懸命働かなくても良かった」という後悔が多いそうです。

仕事ばかりでなく、家族で過ごす時間を大切にすればよかった、という内容です。

その他にも

「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」

「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」

「自分自身に忠実に生きれば良かった」

という内容も多いそうです。

会社だけに自分の居場所を置いてしまうのは、とてもさみしいことだと思います。

組織の一員としての行動が求められるため自分の思うようにいかないことがたくさんあると思います。

そんななかで、自分の思うようにコントロールできる副業があると人生にハリがでるはずです。

副業がきっかけで色々な人とつながることができるかもしれません。

会社以外に自分の居場所を作ることはきっと大切なことです。

ネットビジネスというのは、「新しいことを始めたい」という純粋な気持ち持っている人ほど詐欺案件に捕まってしまいます。

“今の給料では将来が不安だ”

“副業をやりたいけどどれも怪しく見える”

“在宅でできる仕事を探している”

“自分で稼ぐ力を身につけたいけど、何をすればいいのかわからない”

こんな悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。

私自身も数多くの情報商材に騙されながらも今では本業と副業を両立して充実した日々を過ごしています。

当ブログで自信を持って紹介している副業案件もございます。

こういったことがきっかけで人生が大きく変わることがあります。

よろしければぜひ一度ご覧ください。

>激レア案件の紹介について

激レア案件の紹介について

今の時代、自分で稼ぐ力を身につける必要があります。自分で稼ぐ力というのは自由に生きるための必須スキルです。難しくありません。必要なのはほんの少しのチャンレンジ精神です。あなたの人生が今より豊かになる手助けをさせていただきます。一緒に自由な人生をデザインしていきませんか?

CTR IMG