不動産投資はまずリスクから考える

不動産投資というのは、将来的には安定的な収入を生み出すと考える人も多くいると思います。ですが、不動産投資というのは、必ずしもメリットばかりを与えてくれるわけではありません。ときとしてリスクもあるのです。リスクのことも考えずに投資をすると、後々大きなトラブルに発展するかもしれません。
そこで、ここでは不動産投資のリスクについて解説します。
まず、不動産投資の場合、金利が上昇するというリスクがあります。
投資を始めたときは金利が低くても、徐々に金利が上がってきてしまうと、結果的には支払い総額が上がってしまいます。
このリスクにあわないためにと、固定金利にする人も多いと思いますが、固定金利というのは、元々金利が高いのです。それによって続けていくことが困難になる場合もあります、
かなりのリスクを背負うことになるのだ。ということを覚悟しなくてはいけません。
そして、なかには倒産リスクというものもあります。
倒産リスクというのは、賃貸経営を委託している不動産会社が倒産してしまうリスクです。
すぐに新しい賃貸管理会社を探す必要があるのですが、なかなか見つからなかった場合は、かなりのリスクになってしまいます。
不動産投資のリスクというのは、その多くは自分の意思では回避することがかなり難しいものが多いのです。
たとえば、どんなに金利の上昇を抑えようとしても、こればかりは個人が止めることはできません。
また、賃貸経営の委託先が経営不振になるかどうかという点もわかりません。
更には、地震や台風、雪などの天災が関係している場合には、防ぎようがないのです。
つまり、自分はなにもしていないのに、リスクがかなりかかるのです。
なぜ不動産投資の場合は、リスクが高いのか。
それは、メリットばかりに注目しているからなのです。
たとえば、「将来の安定的な資産」だったり、「利益確実」といった甘い言葉につられてばかりいては、リスクを考えることはできません。
不動産投資を初めてする。というときには、どうしてもメリットばかりを優先して、デメリットや注意点といったリスクに対しては考えられなくなっているのです。
ですが、メリットばかりに気をとられてしまい、投資をする物件をきちんと見ていなかったり、利回りばかりを考えて購入すしたという場合には、後で後悔することになるのです。
不動産投資というのは、リスクが常に付きまとうということを意識しておくことが大切です。