完全在宅100万円プロジェクトは稼げるのか?

その他

今回調査した完全在宅100万円プロジェクトについては、こちらの副業は主な内容としては、通販にて物品を格安で購入し、それらを販売することで利益を生み出すというお話になります。その上で、クリックとコピペで受発注を行うツールを利用してアマゾンにて物品を出品することで利益を生み出すという内容になります。

しかしながらこの完全在宅100万円プロジェクトは大きな問題を抱えています問題点については3つの問題があり、ここではそれら問題点について解説をしていきたいと思います。

問題点その1 物品販売システムに数十万の投資が必要

完全在宅100万円プロジェクトの問題点はひとつ目においては、商品をアマゾンにて販売する際に使用するシステムに投資を必要とすることです。これはツールを使用して商品を受発注するのですがその発注作業を自動化する物です。しかしながらシステム自体は使用料が発生し、初期に10万の投資を必要とするらしくその後もに更新費用が発生し経費を払い続けなければならないのです。また問題として、システムが使用不可になる可能性も否定できず、システムが動作しなくなる場合も想定できます。

次に2つ目ですが、連絡先が公開されておらず、すべてのやり取りがline上であることでline上で金銭のやり取りこの場合、システムの購入費を支払う仕組みです。つまりは連絡を取る手段がないが故信頼性が低いのが完全在宅100万円プロジェクトの問題です。その上で、口コミが投稿されているような印象を与えている割には口コミの情報すら検索エンジンではヒットしないことからline上で極秘裏に情報を公開しているため話題にすらなっていない商材で口コミも無いため評価できないシステムなのです。

そして3つ目の問題ですが、特定商取引の記載はあるがリンクをクリックしても特定商取引について記載が一切ないのです。つまりは消費者を保護する気持ちすらない可能性も否定できず、商品購入後において問題が発覚しても何の対処も取らない可能性が高いです。特にシステムなどツール類においては特定商取引の記載があった場合、それらに消費者は従う必要があるのですが、それが無いということはお互いルールを守らないということにつながるため安全であると言えるサービスを提供していると言えないのです。

まとめ

今回の完全在宅100万円プロジェクトについては、特定商取引の記載がない点、ツール自体が高額である点とその後もツールが使用可能であるかも不鮮明である点、口コミすらない点を上げると信頼できるサービスを提供している人物や企業であると言えないことから、おすすめ完全在宅100万円プロジェクトはできない副業となります。

さらに言いますと、連絡先までありませんので連絡をする手段もlineで極秘裏であることから企業としてみた場合、如何に秘密主義であったとしても、後ろめたい部分があると認識される行為を取っているように見え信頼性は低く、いずれにしろ連絡先が無い時点で完全在宅100万円プロジェクトはお勧めできる副業ではないです。