塩漬け状態が長く続く可能性がある長期投資は資金効率が良くない

その他

株式投資の難しさは銘柄の数が多いので個別の値動きを確認するのが大変なところです。

世界的な経済にショックを与える出来事が起きるとなかなか個別銘柄の株価は戻らないです。そのため長期保有している人にとっては塩漬け状態が続いてしまって資金効率が悪いです。日経平均が下がっても業種によっては上がる銘柄があるのですが、株価が急に回復する銘柄を選ぶのは簡単ではなく難しいです。

同じ様な形態のビジネスをしている全ての企業の株価が同じような動き方をするとは限らないので連れ高になる銘柄を探し出せることを期待するのは困難です。かなり下落した株価が反転をしてV字の回復をする可能性はあるのですが、株価がゼロになるぐらいまで落ち込むケースは現実にありえます。
逆張りの効果を信じている人が移動平均線と大きく乖離している銘柄を保有したあとに予想とは反してまったく上がらずにズルズルと下降することがあるので逆張りはリスクが高いです。

せっかく買った銘柄が低位の状態のままだと株式投資をした意味がなくなってしまいます。下落トレンドの銘柄が浮上するきっかけを探すことはプロでも至難の業です。

株式投資の勝ち組になれるかは運の要素も関係してくるのでなけなしのお金を使って投資をするのは賢い人のやることではないです。