高額塾の3ヶ月サポートします!すべてはマインド不足なりけり

雑記

ほほーい。今日も訪問あじゃます。今日はあんまりおもしろくないけど、なんとなく思ってたことについて検証をしてみた。(検索流入用によく使う「検証してみました」www)その昔な、いわゆる高額塾に入ってたことがあるんだ。副業やってたくさん稼いじゃいましょてきなやつ。まあ実際稼げてたんだけど、しんどかったよね。もう心が折れまくりんご。そんで、サポート期間が3ヶ月だったんだけど、思ったより体感時間が短かったんだ。(そのあとにさらなるサポート期間に突入したのは秘密である)最近になってふと、もしかしてーっと思いついたことがあって今日はそれについて述べるだけ。

高額塾って「3ヶ月~6ヶ月の間、相談し放題!これで君も稼げるぜ!やったね⭐」てきな感じなのが多いじゃないですか。こんくらい期間あれば安心(余裕)だわって思いますよね。私は思いました(余裕と)。ただ、よくよく考えるとこの期間って実はかーなり短いんですよ。これはちょっと賢い人風に言うと、本業の労働時間と副業の労働時間を比較すると分かりやすいかなーっと思いつきました。

みなさん、月にどのくらい本業で働いてますか?300時間くらいかな?うーんブラック!副業なんかやってないで転職しようか。ちなみに自分の職場には300時間越えの人がいまーす。面構えが違うぜ・・・。なんかリク〇ートが調べた20歳から30歳の正社員の平均労働時間って180時間~200時間くらいなんだってさー。マジ卍ホワイト。まあ、本業の1ヶ月の労働時間を180時間としましょうか。次に高額塾で取り組む副業の時間。平日の仕事が終わった後に3時間、土日のどちらかに8時間って感じ?おやおや少し甘いかな。そんな感じで考えると、1週間の副業時間って「3時間×5日間+8時間×1日間=23時間」になるんだわ。そんで、これを1ヶ月にすると、23時間×4週間=92時間になる。つまり、自分が1ヶ月に使う労働時間は、本業が180時間で副業が92時間。こうすると、副業ができるのって本業の半分くらいの時間なんやということ見えてきたと思います。仮に講師がコンサルを本業として月に180時間やってたとします。ということは、高額塾のサポート期間が3ヶ月というのは、180時間×3ヶ月=540時間はサポートしますね、ということになります。540時間分のサポート権を購入するって感じです。その一方、こちらが副業に使う時間は、276時間。つまり、540時間分のサポート権といいつつも、276時間しかサポート受けられないわけだから実質半分くらいの時間になっちゃうよね。これってさ、新入社員として会社に入社したとして、1.5ヶ月だけ先輩にサポートしてもらって何ができるんだい?って話なんですよ。

副業も同じ。始めて1.5ヶ月なんてまだまだペーペー。まだまだだね、リョー〇くん!。初心者の域を出ません。というか、そのくらいの期間で出てくる副業の疑問なんて大抵はネットを見れば解決するものです。講師に質問しようがネットで調べようが得られる答えに対した差はないと言ってもいい。やる気スイッチは押してもらえるかな?それでこれはちょっとした裏話なんだけど、実は講師側も答えにくい質問が出たときの対応ってのがあるんだ。これは又聞きの話です。いくら講師でも「これいくら調べてもわかんねー」というものもきっとありますよね。これが受験予備校だったら先生が生徒に質問に答えないなんてありえませんよね?鬼のように調べると思います。ところがなぜかこういった高額塾って答えられない質問とかちょっと状況が悪くなると「マインド不足」とか「行動不足」みたいな抽象的な回答で逃げることができちゃんですよー。マジ謎の風習。酷い高額塾だと「マインド不足!」とかなんの解決にもならないこと言って逃げまくって受講生に実力がつく前にサポート期間が終了するなーんてこともできます。たっけぇお金とってる癖にそりゃないだろって感じですね。

というわけで実働時間で考えると、サポート期間って意外と短いんですねー。やっぱ数字で見るって大切ですね。さらにいうと、副業やってる人の活動時間は基本的には夜なので講師に質問しても返信が次の日なんてこともあったりします。そう考えるとかなりもどかしいですよね。こんな感じで体感時間が短かった理由も分かったことだし満足ですが、なんだか物足りませんね。ん?もうお前の文章には用はない?ちーん。

思うに、高額塾に期待するのって講師のサポートじゃないと思うんですよ。(なんかはじまった!)ぶっちゃけネットに答えは書いてありますし。ただ、さっきも受験予備校の話出したけど、受験だって参考書は本屋さんに行けばいくらでもあるじゃん?しかも、すごいわかりやすいやつ。じゃあ、なんでみんな予備校なり塾に行くのかといえば、家で勉強ができないからですよね。最近のコロナウィルスで登校禁止になってますます思いますけど、勉強なんて学校にいかないと基本的にはみんなやらないんです。嫌いだから。嫌いというよりは興味がないめんどくさい。家で黙々とできる子は勝手に成長します。できる子できない子、こうやってまた格差が生まれるんでしょうね。話を戻すと副業も結局お勉強とおんなじなんです。1人じゃできない人が多いんです。だから、高額塾ってのは予備校と同じで副業をするための環境をできる限り整えてくれてるんですね。講師のサポートなんておまけみたいなもんです。大切なのは、周りに副業をやっている人がいるという環境に属すこと。これこそが、高額塾に期待することです。副業で100万とか稼いでいる人たちと話していると「なんか自分もイケるんじゃね?」と思えるようになります。錯覚かもしれませんが、少なくとも「上手くいくか心配だお~ママー」という人よりは稼ぐ力が早くに身に付きます。

ただ、じゃあ高額塾に参加してたほうがいいのかというと最初から参加するのはいかがなものかなと思ってます。まったくゼロベースの人は自分でやってみてから参加したほうがいいです。大金払って背水の陣とかいいますけど、正直反対です。お金って使ったらそれで満足しちゃうもんなんですよ。だから、高額塾に入ったからといっても別にそれが原動力になったりしません。お金ってのは何かを頑張るための動機に大抵の人はなりません。なくなったら、取り戻すよりも諦める方向に気持ちが強くなります。なので、自分で調べてそれなりに利益を上げて、この副業自分に向いてるなと思ったところで高額塾を探し始めればいいんです。自分で利益を上げられるようになれば、自分に足りないところがわかってきます。せどりだったら、リサーチが弱いとか外注化が上手く進まないとか、そんな感じです。そういったことをサポートしてくる講師を探すというアプローチを取ったほうがいいです。

じゃあ、丁寧に教えてくれる人は誰なのでしょうかという質問もあると思います。ずばりそれは私ですね(^_-)-☆...はい、嘘です。ごめんなさい。ばいばーい。