主体者不在のリスク

その他

仮想通貨の流通によって、利幅を得るというネットビジネスの在り方。非常にもりあがったこともありますが、いまだにその市場についてはまだまだ大きく動いています。もちろん、仮想通貨と通常の国や政府が担保した通貨との違いを分かった上で多くの方々は取り扱いを行っているはずですが、どうしても予期せぬリスクについては自分自身がまきこまれることはないだろうと高をくくっている傾向が強いのではないかと思います。
もちろん、自分自身が分散投資ているので仮想通貨を扱っていても問題ない、自分自身の余剰資金で仮想通貨を扱っているという考え方もあるかもしれません。
または最近市場が大きくなりつつある、仮想通貨をベースにしたゲームの市場といったところであれば、エンターテインメントの世界で多少マイナスになっても構わないということもあるでしょう。
しかし、絶対に忘れてはならないのは、国や政府、銀行といった公的な機関がきちんと管理しているわけではないというところです。
あくまでも仮想通貨でネットビジネスを扱う際には自己責任が大前提であり、リスクが必ずともなう。頭ではわかっていてもいざ、自分事になるとまさかという考えの方が多いので非常に重要なポイントです。