『せどりっていまからでも稼げますか?』その答えについて

雑記

やーやー。こんな泡沫ブログへようこそ。今日は数ある副業の中でわりと詳しいせどりについてちょっと考察してみようかなと思ったり。副業の中でも人気ありますよね。転売ヤーなんて言われてますけど、せどりと転売の違いはちょっと難しいですね。ここでは広い意味でせどりということにしましょうか。(厳密な定義と違っていて申し訳ないです)

そもそもせどりとはなんぞやということですが、どうやら本の背表紙を見て仕入れの判断をしていたことが名前の由来らしいです。ただ、そんなこと言われてもイマイチ実体が掴めないので、ブックオフでやたら本とかDVDをカゴに入れている人たちと覚えておけばいいです。ブックオフとアマゾンの価格差を見て判断してるんです。ブックオフの方がアマゾンより安ければ仕入れるてきな。一応捕捉としてブックオフ以外にも仕入れ先はあると付け加えておきます。(アマゾンで売るときは手数料とかもかかるからそれも計算しないといけないんですけど、この手数料がでかい)

そんなせどりの魅力的な点というのは、即金性の高さかなと思います。要するにすぐに利益が出る。ということです。まあ出るわ出るわ。アフィリエイトはあんまり詳しくないのですが、初月から10万円稼ぐ人いないですよね。超人の方は知りません。それに対してせどりは開始した月から利益を上げる人が非常に多いのです。ちなみに私は要領が悪い人だったので初月は5000円くらいだった気がします。「全然10万円ちゃうやん」というのは勘弁して下さい。ちなみに手元に残るお金という意味ではないことに注意が必要です。利益出ても在庫に回さないといけないんですよー。これが非常につらい。黒字倒産で検索すれば意味は伝わると思います。特にリンクは張りません。

まあ、そんなわけでせどりというのは非常に取り組みやすいので人気の副業なんですわ。ただ、あまり意識している人がいないんですけど、自分が簡単にできるということはみんなも簡単にできちゃうんです。実は。なので、年々どんどんやる人が出てきちゃうんです。ちなみに、月収100万円を稼いだ実績から講師になるという人は多いのですが、その人がせどりやってた時代とはもう違うのです。ネットの世界で1年前の記録なんて石器時代に石槍作ってすげーと言っているようなもんです。現代で石槍で戦う人いないですよね。今だと武器はなんですかね。思いつかない。まあ、中には経歴詐称してコンサルやってる人もいるくらいなので、そういう人よりは信用できるかもしれませんね。

昔と今の違いは情報量です。即金性の高いビジネスというボンヤリとした情報からせどりという具体的な手法が公開されるようになりました。その次にせどりで一体どうやって稼ぐのか。どんどんどんどん情報が明るみになっていきます。情報というのは、知っている人が多くなってしまうと価値がなくなってしまいます。つまり、100万円稼いだという講師が実践していたときとは、その情報を知っているライバルの数が全然違うのです。

1つの情報が出回るとどういうことになるのか、具体例を出したいと思います。Amazonを使った国内転売(中古品)で商品を出品するときのポイントとしてよく言われているのが、

・FBA出品とする(商品をアマゾンの倉庫に納品して直接購入者の元に届くとか月額費はかかるけど色々便利なシステム)

・商品の写真を掲載する

・商品の付属品や状態についての説明文を丁寧に記載する。

というのがあります。今せどりをやっている人からしたら当たり前すぎることですよね。この情報を有料で買う人なんてまずいないと思います。売る方法はあるけど。今でこそ当たり前となっているこの内容、実は一昔前のAmazonの中古品のページには写真はおろか商品の説明文さえもロクに記載していない出品者が多かったのです。驚愕の事実ですよね。そんななかで、商品の写真を掲載していたり付属品の有無や商品状態についての説明文を丁寧に書いたりするだけでかなりの有利になると思いませんか?気づく人は気がつくってやつですね。その時代に稼いでいた人が今の講師になってたりします。

しかし、現在のアマゾン中古品転売は競争が激しいことになっています。試しにテキトーに検索してスクショしました。なんだっけこれ。とりあえず見てみてください。

みんなやってんじゃん!!

情報が出回るとはこういうことです。こうなるともはや他の人ととの差別化なんて無理ぽです。未開封品とか他にはない附属品がついてるとかは別ですよ。せいぜい一番上に商品があるかどうかでしょう。商品は価格順になっているので、どんどん値下げ合戦が始まります。購入者にとってはありがたいですけどね。評価数も気にする購入者もいますが、あまり影響はないのかなと感じます。一昔前はこうした出品者はほとんどいなかったのですが、副業ブームで実践者が増えた結果こうなりました。情報が出回りすぎたんですね。

ただ、ライバルが多くなっているからといって、じゃあせどりは稼げないという訳ではないのです。もし、この商品が1ヶ月に10個とか売れる商品ならばこの状態でもあまり問題はありません。上から順番に売れていくだけです。そのうち自分の商品が売れる番がきます。そこまで下手に値下げすることもないのです。つまり、1ヶ月にその商品がいくつ売れるのかを正確に判断して仕入れをすればいいのです。上手い人はここを巧みに見極めます。ちなみに判断方法はモノレート使えばすぐにわかります。特に説明しないので気になる人は連絡ください。検索しても出てくると思います。

そんなわけでせどりの現状というのは結局のところ稼げる人は稼げて稼げない人は稼げないというごくごく当たり前の話になります。なんじゃそりゃって感じですね。ただ、自分が参入しようとしている場所にはどのくらいライバルがいるのかなーと分析するの大切だと思いませんか?さっきの商品ページ、もはや写真付きの人で溢れてましたけど、もしも誰もいなかったらどうなりますか?ものすごい穴場ですよね。写真つけて出すだけで自分のが売れるんです。しかも、おそらく他の商品よりも価格を高くしても売れると思います。特にDVDとかだったら基本的には綺麗なものが欲しい人が多いと思うので、相当高くしても大丈夫です。自分は1.5倍くらいは高く設定してたこともあります。ついつい自分1人だけが取り組んでいるという前提で動いてしまいますが、ライバルを意識することもまた稼ぐためには重要です。せどりのライバルは非常に多いのが現状です。なので、これからせどりを始めるという人は以前より稼ぐことが難しくなったということを踏まえてやるかどうか検討する必要があるのかなと思います。

それでは、ばいばい~。