XMアフィリエイト攻略プロジェクトってどうなの?

XMアフィリエイト攻略プロジェクトの概要

今回調査したXMアフィリエイト攻略プロジェクトですが、アフィリエイトで収益を得るための情報商材を提供している会社で3つの料金プランから情報商材を選択することで顧客はアフィリエイトで集計化を可能とする情報を入手可能としています。なお3つのプランの違いですが、簡潔に言いますと電話サポートを得ることができるかそうではないかなどの他、育成サポートというアフィリエイトの育成に関わるサポートを受けることができるとしています。

XMアフィリエイト攻略プロジェクトの問題点

今回調査したXMアフィリエイト攻略プロジェクトの問題は全部で3つあります。まず一つ目ですが過剰広告で収益を得られることを確実であると記載していますが、なぜか訴えられることを考慮してか、確実に収益を保証するものではないと矛盾した規約が特定商取引法の記載に明記されています。この矛盾点についてですが、恐らく、収益化できないと踏んだうえで商品を提供している場合、訴えられるリスクが高くなり、特商法で先に明記しておくことで消費者側に責任があるとしたいのだと思われます。ただ、これを許した場合、ビジネスが成立しておらず、一方的にXMアフィリエイト攻略プロジェクトを販売している会社である、株式会社アドシステム側に利益があります。これは実は特商法違反で実は特商法はどちらか片方、この場合株式会社アドシステム側に利益がある場合、特商法に違反してます。

つまり、先に違反行為をしているのが、XMアフィリエイト攻略プロジェクト側であるのにも拘らず、こちら側の責任とするのであればビジネスではないと言え、悪質であると言えるのです。また、このXMアフィリエイト攻略プロジェクトは特商法で、電話による対応をしないと記載があり、これも矛盾していると言えます。何故なら、ではなぜ、電話番号を載せているのかが問題になるためです。電話で対応を図らないのであれば電話番号を載せる必要性はありません。ですが電話番号を形だけでも載せていることを見ると恐らく、安心材料として電話番号を載せているのだと思いますが、何の対応も取らないのであれば不必要です。

これはおそらくですが、特商法に記載をする際、安心材料として住所や電話番号を記載する必要性があるが電話をかけてくるなという意味にとれます。そして、この特商法、実はアドモールの公式コンテンツであるのですが、実はアドモールの公式コンテンツは、住所や氏名に年齢電話番号などを記載すれば、特商法を取得したとみなします。この時住所氏名などは正しいものでなくてはならず、審査がありますので、審査にクリアした事業者でなければ取得できないのです。

そしてアドモールは実は、商品の返品を可能としています。ここがおかしな点で、何故、うそを特商法に記載しているのかという問題があるのです。アドモールの公式ライセンスを取得したのであれば、販売者側であるXMアフィリエイト攻略プロジェクト側と音信不通になってもアドモール側がそれを保証しますので実質返金になるのです。それを記載してないところを見ると恐らくアドモール公式ライセンスを取得しているという特商法は怪しいと言えます。

次に2つ目の問題点ですが、こちらの株式会社アドシステムですが、すでに事業者が存在していて東京で活動しています。しかもこちらの事業者は資本金や代表者などすべての情報が公開されていてかつ、XMアフィリエイト攻略プロジェクト側の事業者と経営陣の名前が全く異なります。

これが意味することですが、元々ある株式会社アドシステムは昭和60年に創業した会社で、XMアフィリエイト攻略プロジェクト側を提供している株式会社アドシステムは、2020年に恐らく操業しているので同じ名前の株式会社が2つ存在しているのです。しかも一方は資本金を後悔してない信頼性に足らない株式会社です。

この問題ですが、恐らく、株式会社アドシステムという名前を借りて新事業をしていると装っていると仮定した場合、納得がいく内容で、資本金を公開してないのはおそらく株式会社ではなく、個人事業主に近い経営体制であるか王政が高いです。なお、同じ会社で会社登録することが可能であるかどうかですが、実際には可能で同じ会社名を登録して事業をすることは可能ですが、訴えられるリスクが高まります。この問題の場合、昭和60年創業の株式会社アドシステムに訴えられるリスクがあり、恐らくですが、住所から判断して会社であると思えないはずです。

こちらのXMアフィリエイト攻略プロジェクト側を提供している事業者のある場所ですが、調べてみたところ駐車場を管理する組合協会であったため会社情報すら偽っていると言えます。これが何を意味するかですが、どっちが本当の株式会社アドシステムであるかと言われると昭和60年の東京にある方でこちらのアドシステムは一体何だとなるわけです。

ただの駐車場施設でビジネス教材を販売していると仮定した場合、怪しいビジネスをしている駐車場管理団体であるということになります。

そして3つ目の問題ですが、アフィリエイト商材としておかしな点が多すぎる教材であるという点です。まずうたい文句の必ず収益可能ですが、これは不可能でその理由はアフィリエイトの報酬額が下がっていく一方であるため収益化が難しい点で、さらにライバルが少ないジャンルだからアフィリエイトは利益になるという文言が間違っています。実際、アフィリエイトはライバルが多く、戦国時代並みに競争率が高いです。その為収益化が難しく、ましてや、情報商材を一日数分見た程度では戦略を練ることすらできないくらい競争率が高いのです。そしてビジネススキルや過去の実績などが不要であると情報商材に記載がありますが、残念ながらビジネススキルをフルに活用しなければアフィリエイトでは収益化は難しく、まして実績がない場合、商品を売り出すうたい文句すら構築できないのです。

この3つ目の問題は明らかにアフィリエイトを舐めており言ってしまえば机の上の空論に過ぎないです。実際にアフィリエイトをしている人物からしてもまずこの文言はおかしいと感じ、収益化は無理だと気が付きます。以上のことからXMアフィリエイト攻略プロジェクトは不鮮明な点が多く、ビジネスモデルが破綻しているためお勧めできないプログラム商材です。

まとめ

XMアフィリエイト攻略プロジェクトについては不鮮明な点が多く、かつ、アフリエイトを舐めすぎています。恐らくうわべだけの情報である点があり、特商法もおかしな点が多く、クーリングオフはなくとも金額を保証する制度があるアドモールに公式登録しているはずなのに実質クーリングオフの機能が使用できない点を見ると恐らくですが、アドモール公式登録されていない商材群であると言えます。アドモール公式登録は情報商材がきちんと機能しているかどうかを見てから登録しますので、恐らくですが認可されてない情報商材を登録された商材であると偽ることで信頼を得ようとしたのでしょうが、クーリングオフを行うことができるものであるという認識は持ってなかったとされますのでいずれにしろこうした情報商材については関わらない方が安全で、恐らくですがこの商材は他者の会社の名前を使用している点も挙げると信頼に欠けるものでお勧めできません。

ネットビジネスというのは、「新しいことを始めたい」という純粋な気持ち持っている人ほど詐欺案件に捕まってしまいます。

“今の給料では将来が不安だ”

“副業をやりたいけどどれも怪しく見える”

“在宅でできる仕事を探している”

“自分で稼ぐ力を身につけたいけど、何をすればいいのかわからない”

こんな悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。

私自身も数多くの情報商材に騙されながらも今では本業と副業を両立して充実した日々を過ごしています。

当ブログで自信を持って紹介している副業案件もございます。

こういったことがきっかけで人生が大きく変わることがあります。

よろしければぜひ一度ご覧ください。

>激レア案件の紹介について

激レア案件の紹介について

今の時代、自分で稼ぐ力を身につける必要があります。自分で稼ぐ力というのは自由に生きるための必須スキルです。難しくありません。必要なのはほんの少しのチャンレンジ精神です。あなたの人生が今より豊かになる手助けをさせていただきます。一緒に自由な人生をデザインしていきませんか?

CTR IMG